鹿児島・天文館を楽しくする地域密着型サイト

前のページへ戻る方へ


アートメイク エレガンスのご案内

店名
グラデーションアートメイク導入サロン エレガンス
アートメイク エレガンス
キャッチコピー
最新欧米式(進化したアートメイク)導入サロンです。ぼかし技術・自然染料なので、安全で仕上がりがとても自然です。
ご予約時・お問合せ時について
ご予約・お問合せの際は、天文館どっとこむを見てとお伝えになるとスムーズです。
ご連絡先・業態の紹介
業態 エステ・アロマ
TEL 090-4969-0362

エステコース情報

当店のコースカテゴリ

アートメイクの染料について

アートメイクの染料について

-

コースについてお問合せ


エレガンスのオリジナルカラーは天然素材から作られた油性染料で、発色が大変良いのが特長です。

現在のアートメイクでは水性または水溶性油性の染料が主に使用されております。
水性または水溶性油性の染料は色素の定着がよく、染色されている期間も5〜8年と長期間のものがほとんどでした。
しかしその反面、施術後に変色を起こしやすく、万一血管内に染料が入ってしまった時にも色素が血液中に溶け込んでしまい血管を通って他の部分にシミのように浮き上がってしまう(拡散)のようなこともありました。
エレガンスのオリジナルカラーは天然素材から作られた油性染料で、発色が大変良いのが特徴です。また、万一ニードルで血管を傷つけてしまっても、血管内の血液に色素が溶け込まないので染料が皮膚の他の部分に拡散してしまうこともありません。
ニードルにつきましても、一人のお客様専用のニードルを使用します。一度使用したニードルは破棄しますので血液感染の心配もありません。 ☆水性染料と油性染料の違い☆ 水性染料 及び入れ墨
1.血液中に染料が入ってしまう。
2.腫れる。
3.熱が出る。
4.出血する。
5.水性の場合は約7年。入れ墨の場合は一生とれない。
6.シミ(拡散)になりやすい。

油性染料(エレガンス使用染料)
1.血液中に入らない。
2.腫れない。
3.熱は出ない。
4.出血しない。
5.持ちは約3年。年数と共に消える。
6.シミになったり、にじむことはありません。

油と水は混ざり合わないのはご存知ですね。そのため、油性染料は血液と混ざり合うことはありません。
しかし、水性染料は血液と混ざり合って血管には入り込んでしまいます。こうなると、水性の染料は身体中を回ることになり、毛細血管に入ったものは一生とれないシミになることがあったり、血液中に入り込むので、染色面積が大きくなってしまう可能性があります。
これに対して、油性染料の場合、万が一血液に入ってしまっても、血液と混ざり合うことがございませんので、血管には入らず体外に排出されます。ですから、水性染料・入れ墨の染料とは違い、身体に害を及ぼすことがありません。
水性または水性油性の染料は、万一血管に傷をつけてしまった場合、染料が血液に溶け込み、血管を通って他の部分に浮き上がってしまう場合があります。
天然素材の油性染料は万一血管に傷をつけってしまっても染料は血管の所から中に染料が入り込まないので安全です。
※これは、あくまでも万一の場合であり、頻繁にこのような事が起こるわけではありません。

さらに、現在出回っている多くの染料には金属性のものが含まれていることがあります。金属性の物質が含まれていますと、MRI検査(磁器共鳴検査法)で磁性体が金属と反応して熱を発し、火傷になったり変色を起こすことがあるため、検査が受けられなくなります。

アートメイクエレガンスでは、米国ソフタップ社の染料を使用しており、これは、米国保険教育厚生省に属する食品医薬品局(F.D.A Food and Drug administration)が認可した材料を使った安全んものです。
お客様に美しさを提供させていただくためには、先ず、安全で衛生的であることが第一と考え、特に注意をはらっております。染料は従来品とは違う安全なものをセレクトしておりますし、使用したニードルは、染料は一回ごとに破棄しております.
安心して美しくなっていただくことを、何よりも大切に考えています。

コースカテゴリ:アートメイク
更新日:2010-01-29 01:20:25




天文館どっとこむ運営について|お問合せ会社概要|プライバシー・ポリシー
Copyright (c) 2008 TENMONKAN.COM All rights reserved.